納入までの流れ

量産までの各段階で様々な評価、検討を行ない、正規工程による早期立ち上がりを実現しています。


製品図面、生産基準数、長期需要予測に基づきスピーディーに見積を行ないます。
また、目標価格に応じた検討、提案も可能です。
量産を前提とした試作を専用の試作機で行ないます。試作品の生産過程を通じて、加工基準面、工程順、刃具設計等を検討し、量産ラインの工程設計、評価につなげます。(詳細
正規工程又はそれに準じた量産ラインによるスルー生産を実施して、量産時の課題の事前解決を図ります。納入形態、物流経路の決定もこの時期に行ないます。
お客様の量産立ち上がりに支障なきよう、作業者教育、流動在庫確保など社内量産日程を計画して万全の体制を早期に構築します。


お見積時の確認事項

お引き合い頂く場合は、右記項目をご参考にお願いします。

海外向けの製品の場合は、右記の確認事項以外にも「受渡し」や「支払い」に関する条件をご通知願います。

ご指示いただきたい項目
1. 製品の立ち上がり時期
2. 生産基準数(月)
3. 発注継続見込み期間
4. 見積条件
a.専用型・治工具の取扱
b.設備償却年数
c.支給品の有無
d.日当たり納入回数
e.製品受渡し場所
f.受渡し荷姿
g.荷姿容器の取扱い
Copyright © NAKAMURA GEAR & MACHINERY CORPORATION. All Rights Reserved